スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    長期優良住宅その2

    昨日は朝から会議,午後から講習会と
    なにかと疲れた1日でした。

    で,何の講習会かと言うと・・・・
    長期優良住宅に関する技術講習会」と言う名の
    概要説明講習会f(^-^; ポリポリ

    法律施行前には何度か関連の講習会を受けてましたが
    改めて,聞いてみよう!と思い受けて来ました。

    受けてみて改めて色々『?』な部分が・・・・・・    
    先ずは呪文の様に唱えられてる
    「一般的な住宅よりも施工費が1割から2割程度アップします。』
    と言う言葉。

    講習会でも必ずこの言葉が出て来ます。
    一般の方がメーカーや工務店等から説明を受ける際にも
    同じ様に言われるのではないでしょうか?

    ちょっと待て!!
    本当にそんなに上がるか??

    同じ図面で一般住宅と長期優良仕様とを比較した事が無いので
    正確な数字は言えませんが
    私が普段設計している仕様と長期優良仕様と比較してみても
    そんなに増額になるとは思えない。

    40坪程度の住宅でどんなに高めに見積っても
    100万程度の増額位で納まるやろ!!
    と,思うのですが・・・・・
    (あくまで施工費のみ)

    謳い文句にある「一般住宅」の仕様がよっぽどレベルが低いのか??

    長期優良を求めてる人達が
    この「1~2割程度アップ」と言う言葉の影で
    不当に高い物を押し付けられていない事を願いますが・・・・・

    次にメンテナンスについて。
    長期優良住宅最低30年間のメンテナンス計画を立てて
    「住宅履歴書」建て主とメンテナンス契約をした業者
    履歴書を管理する新たな団体(新たな天下り先か?┐( -"-)┌)
    で管理しなければなりません。
    また,おおよそ10年毎に各部分について修理・更新しなければなりません。
    今,長期優良住宅を売り込もうとしているメーカー,工務店等のHP等みても
    この部分をきちんと説明している所は殆ど見掛けません。
    殆どが
    「資産価値が上がる」だの「税金の優遇措置が受けられる」だの
    そう言った「聞こえの良い」謳い文句ばかりです。

    今,長期優良で建ててる人達は
    「メンテナンスに一般住宅以上の費用がかかる(強制的に)」
    と言う事をどれだけ理解してるのかな?

    ただ,この長期優良住宅 
    建てる時認定を受け,後でやめる事も出来ます。て,事は・・・・・・・
    「税制優遇のメリットを受けるため長期優良住宅で建てておいて
     メリットが無くなる時に,認定を取り下げる!」

    なんて事も可能です。(⌒_⌒)

    実際そう言うつもりで建ててる人居るんじゃないのか?
    てか,ちょっと賢い営業マンとか,こう言って長期優良住宅
    売りつけてたりして。

    私がメーカー等の営業マンならそうするな。( ̄ー ̄)ニヤ...

    こんな抜け道だらけの法律
    税制優遇措置が無くなった後,定着するとは考えにくい。(⌒_⌒)
    が,この法律に関連する天下り先はきっちり確保済み。

    と,裏読みして行くとこの法律
    その立派な理念とは裏腹に
    不況や少子化に喘いでいるメーカー等にとっては
    「より割高の住宅を売りつけられるメリット」があり
    官僚の人達にとっては「新たな天下り先」が確保できる。
    と言う様なメーカー等や官僚向けの法律なんぢゃないか?

    実際街場の小さな工務店やひとり親方の様な所は
    この法律に対応して行くにはちと厳しいやろうし。
    (認定申請がそう言う人達にとっては難し過ぎる)

    長期優良住宅をお考えの方,廻りのブームや聞こえの良い
    謳い文句に流される前に,一度冷静になって考えて見て下さい。

    皆様の一押しが励みになります。(⌒_⌒)
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/78-0a483c0c

    Comment

    W3 | URL | 2009.08.28 23:01 | Edit
    stylewedgeさんどうもです。
    私の知っている限りでは、長期仕様を標準にしているところがほとんどで、単価のアップは聞いたことがありません。本当はチョットあげたいが、受注の少ないこのご時世では、あげられないというのが本音かも知れません。
    家歴は認定基準にはなっていませんが、法11条に記録の作成と保存があります。が、いまひとつピンときません。
    8月には、仮共通IDの配布が始まると聞いていましたがどうなっているのでしょうかねぇ。
    では。
    stylewedge | URL | 2009.08.29 11:12
    単価アップについては
    どの講習会を聞いても,国やメーカー等のHPとか見ても
    必ず「1割~2割程度アップ」と言ってますね。
    どう見ても,そんなにアップする様には思えないのですが・・・・

    住宅履歴は提出を求められたときに出せないと
    罰金って言ってましたね。

    履歴の管理団体から共通IDの発行が始ってるみたいですが
    履歴書の書式や作成ソフトがバラバラでは一括管理出来ないやん。
    と,思うのですが・・・・・・

    それも,なんだか共通ソフトを買わされる事になるか
    管理団体のHPか何かで履歴情報を登録するシステムになり
    そのシステム使用料とかの名目でお金を取られ続けられる様な
    仕組みになりそうな気がしてます。
    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。