FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    素晴らしい行政処分(⌒_⌒)

    3ヶ月前に書いた超大手住宅メーカーの
    『確認申請も出さずに工事をしていた』事件に係っていた建築士の処分内容が
    登録制の建築系サイトのニュースに出てました。

    読めない人の為に引用させて頂きます。

    ・・・・・・引用ここから・・・・・・・・・・・・・

     免許取り消しの2人と業務停止3カ月の1人は、一建設(東京都練馬区)とアーネストワンが
    それぞれ分譲した木造2階建て住宅の設計を担当。
    建築基準法の構造基準を満たさない壁量で設計し、耐震強度不足を招いた。

     免許取り消しとなった残りの2人は、戸建て住宅の確認申請代理者として、虚偽の建築確認番号を施工者に通知したり、虚偽の確認済み証を作成したりしていた。うち1人は建築士事務所登録の有効期間が過ぎたのに更新しないまま、設計して報酬を得ていた。

     業務停止6カ月となった1人は、田村水落設計が構造設計にかかわった建物の元請けの設計者。建物の保有水平耐力比が0.61しかなく、構造基準を満たしていなかった。

     さらに、積水ハウスの管理建築士を務めていた1人が、「管理と適正の確保が不十分」という理由で1カ月の業務停止となった。同社は2008年5月、広島市内でアパート2棟を着工。その際、設計した同社の担当者が確認申請を出さずに、架空の確認番号を現場に掲示していた。この担当者は建築士の資格を持っていなかったので、処分の対象とならなかった。

    ・・・・・・引用ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    出てたのは上の様に,積水の事件に係った人だけでは無く
    処分された人達の理由と,処分内容ですが,
    この記事を読んだ時に,例の姉歯事件以来の建築関連法の改悪!や新規制定の
    裏に隠れる『国の方針』がより鮮明になって来たのかな?と。。。    
    記事の処分内容をまとめると

    1.建て売り業者の図面を描いてた設計者。
     恐らく,もの凄い棟数と,とてもじゃ無いけど間に合わない様な
     締め切り日程を組まれて,兎に角『確認に必要な図面』を描く事で
     精一杯。1棟毎の細かなチェックをしてる時間を取ってる余裕の
     無い程の締め切りプレッシャーを会社側から掛けられてた。と想像出来ます。
       ↓
    結果,図面作成してた建築士は『免許取消』と,『業務停止3ヶ月』

    記事に出てる業者は処分されたんだっけ?
    ま,そうだとしてもいつの間にか,こっそり名前を変えて
    会社起こしてたりするんやろな。
    で,免取受けた一建築士だけがバカを見る。と。┐( -"-)┌
    こう言う問題は一建築士の責任だけでは無いと思うので
    幾ら建築士法を改訂したって無くならないでしょう。

    2.虚偽の確認番号や確認済証を作成していた設計者。
     内1人は事務所登録更新も怠っていた。
     背景が解らないので何とも言えないけど・・・・・・・・
     こんな事,自発的にやってる設計者って居るのか?
     てか,事務所更新手続きも,期限切れてどれだけ経ってたのか解らないけど
     ついうっかり。って場合もかんがえられるし・・・・・・
       ↓
    確認済証の偽造や登録更新をしていなかった事が「確信犯」だったとしたら
    「免許取消」はやむなし。だとは思いますが・・・・・

    3.例の『ド派手おばさん』が真っ黒な涙を流してた会社の物件に
     係ってた人の処分。
     この件は,姉歯の事件と同じ様な構図だったにも係らず
     何故か各マスコミは華麗にスルー!だった事が未だに疑問です。

    それよりも何よりも4番目の処分。
    内容は2番目の件と同じ様に思うんですが,記事では
    虚偽の番号』と『架空の番号』と言う様に何故か表現が違ってる。

    で,方や『免許取消』。方や『管理建築士の業務停止1ヶ月』

    この違いは何??????

    しかも,実際に担当してた設計者は『資格を持っていない』と言う理由で
    お咎め無し!!

    こんな処分,積水にとって,痛くも痒くも無い。
    業務には一切の影響が無いでしょう。もっと言うとこの管理建築士にも
    一切影響は無いでしょう。(社内処分で減俸程度はあるのかも知れませんが)

    一方,2番目の免取処分を受けた建築士は
    (恐らく小さな事務所の所長さんクラスの人と思われる)
    管理建築士を兼ねていたなら,事務所を廃業して失業!!
    仕事を続けるなら,管理建築士を雇わなければいけない。

    同じ様な内容の違反でこの違いは何????????

    大手には『大甘』 小さな所には『徹底的に厳しく!』って方針なのか??

    国交省の
    「小さい所はあの手この手,どんな手を使っても潰してしまえ!!」
    の方針が明確になったと感じます。


    この処分は絶対におかしい!!( ̄  ̄メ)

    と,思いません?


    皆様の一押しが励みになります。(⌒_⌒)
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/59-e4cc3588

    Comment

    にじりぐち | URL | 2008.12.29 18:41
    そうなんですか。。
    大企業を営業停止1ヶ月などすると、影響が大きすぎる為、とは想像しますが。。確かにバランスが悪いような気がします。

    ところで なべさん。
    今年はアリガトウございました。良いお年をお過ごしくださいませ。
    なべ | URL | 2008.12.29 19:00
    >影響が大きすぎる為、とは想像しますが。。

    ですね。

    でも,それにしても2件の同じ様な
    違反について,天と地程の差がある処分内容に
    どうしても,納得いきません。(~_~;

    >今年はアリガトウございました。良いお年をお過ごしくださいませ。


    こちらこそ,ありがとうございました。
    来年もまたおじゃまさせて頂きます。(⌒_⌒)
    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。