スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    高気密・高断熱住宅

    高気密・高断熱住宅と言う言葉
    最近,大流行りですね。(⌒_⌒)

    私の住んでいる所(北関東って言うより南東北(^-^;A)でも,
    冬が結構寒いので,「高気密・高断熱」を気にされる方が
    結構おられます。

    高気密・高断熱を売りにしている所を見て見ると
    ほぼ全ての所が
    「省エネルギーに繋がる」だの
    「建物全体を包んでしまうので,各部屋の温度差が少なくなり
     ヒートショック等の事故を防ぎます。」だの
    「夏涼しく,冬暖かいので,快適で健康な生活を送れます。」
    だのと唱ってますが・・・・・

    はたして,その内『本当の高気密・高断熱住宅』を造れている所が
    どれだけあるんだろう?と,疑問に思います。

    私個人的には(北海道等一部の寒い地域を除いて)
    高気密・高断熱住宅って言う物にはどちらかと言えば否定的です。f(^-^; ポリポリ

    どうやら,数年前に初体験した「高気密・高断熱住宅」の印象が
    あまり良く無かったトラウマがあるのかも知れません。    
    5年程前,東京からこちら那須へ移住して来られた方と
    知り合う機会がありました。

    その方は那須の山の上の方の別荘地に「終の住処」として
    こちらに移住して来られたのですが,
    「那須の冬は寒いから」と,当時本州ではまだまだ
    そんなに普及していなかった「高気密・高断熱住宅」で
    家を建てられたそうです。

    サッシ類は全て輸入品。(完全樹脂サッシ+Low-Eのペアガラス)
    内部建具や玄関建具等も,気密・断熱性能の高い輸入品。

    当時そこまで徹底している「高気密・高断熱住宅」珍しい!
    と言うのが本人的には結構な自慢ポイント。だった様です。(⌒_⌒)

    で,
    「この寒い地域で住宅を造るなら,これからは高気密・高断熱は
     絶対必要になる。勉強の為にも一度見においで!(⌒_⌒)」
    と,お誘いを受けて,丁度今ぐらいの季節にその家におじゃまさせて
    頂きました。

    その時の印象が・・・・・・
    玄関入ったとたん,なんか違和感を感じる。
    2カ所の玄関扉を入って,さらにリビング入口のドアを開けて
    リビングに入ると,今度は「なんか息苦しい」感じ。
    リビング入口のドアは,キチンと最後まで手で引っ張らないと
    気密性が高くて閉まらない。

    その後,リビングで軽い食事やワインを頂きながら
    その家の快適さ!等をその場に居た全員がTシャツ1枚で(⌒_⌒)
    聞いていました。
    (その間,私はずっとなんか息苦しさを感じながら・・・・)

    今から思うと,その住宅はまだまだ「高気密・高断熱」の走りの頃
    に建てられた物なので「計画換気」がしっかり出来て居なかった
    (その重要性がちゃんと理解されていなかった)のかも知れません。


    この時期になると那須の上の方の夜はかなり冷え込み始めます。
    その日も外はかなり寒くて車のフロントガラスは氷が張る程。。。

    でも,家の中ではTシャツ1枚。

    一見「家があったかくて快適で良いなぁ。」と,思いますが。

    それってどうなの?
    寒くて家の中で震えてろ!!とまでは言いませんが
    外へ出るときは「真冬の格好」。家の中では「夏の格好」。

    個人的にはそれってとっても不健康な様に思うのですが・・・・・


    と,いつもいつも長くなってしまうなぁf(^-^; ポリポリ

    てことで,もう少し書きたいことあるので
    それは,またまた次回に続きます(⌒_⌒)

    皆様の一押しが励みになります。(⌒_⌒)
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/57-4d08a88a

    Comment

    にじり口 | URL | 2008.11.17 13:20
    これは私もまったくの 同感です。

    某サッシメーカーの営業マンの話ですが ペアガラスの普及率は実は非常に低い状況で 製造会社は苦境に立たされているというのが実情なんだそうです。

    四季を感じられない空間を 人は望んでいないと思います。
    なべ | URL | 2008.11.17 18:59
    家の中で凍えてれば良い。とは言いませんがf(^-^; ポリポリ

    特に最近「エコ」とか「省エネ」と絡めて
    高気密・高断熱の宣伝が目立つ様に感じます。

    「俺なんて,○○の家だから季節が解らなくなって
     困っちゃうよ~(⌒_⌒)」

    とかやってるCMもありますよ。

    聞く度に
    「そんな家,めっちゃ不健康やん」
    と,思ってますが。
    れくと | URL | 2008.11.18 11:35
    こちらではペアガラス+内側樹脂サッシがデフォルトですが・・・

    断熱方法・暖房方式は予算によってさまざまです(^_^;)
    ただ経験上、外張り断熱にしたほうが冬はもちろんのこと、
    夏が涼しいですね。特に屋根面の輻射熱の影響が少なくて。
    なべ | URL | 2008.11.18 13:34
    この辺りでもペアガラスはデフォルトで
    設計しております。(私の場合ですが・・・)

    内側樹脂サッシまでは色々です。
    (個人的にあまり好きじゃ無いf(^-^; ポリポリ)

    基本的な部分での気密性・断熱性は必要だと思いますが・・・・・

    色々宣伝している様な『過剰』と思われる様な
    物はいかがな物か?と思っております。

    ビニールに包まれて,あくまで「そこに居る人ではなく」
    家の傷みを減らす(遅らせる)為に計画換気をし,
    家の中に居ると『四季を感じる事の無い』生活。

    やっぱり私には「不健康」に感じます。
    貝 | URL | 2008.11.19 11:50
    ドアが重くなるほどの密室だなんて…。
    それじゃあ、部屋でストーブ焚いたり、臭いのある物を置く事もできないよね。
    光熱費削減云々に前に、生活に支障がでてくる。
    俺が考える高気密とは、「すきま風削減」です。

    あ、俺は樹脂サッシ好きですよ。
    安っぽい感触がいまいちだけどね。
    なべ | URL | 2008.11.19 12:28
    >それじゃあ、部屋でストーブ焚いたり、臭いのある物を置く事もできないよね。
    >光熱費削減云々に前に、生活に支障がでてくる。

    その為にも「計画換気」てのが重要なんでしょうが。

    本州で出始めの頃はそこまで考えられてなかった様な・・・・・・

    今でも,色々見てみると
    「高気密・高断熱に薪ストーブ」なんて
    組み合わせを平気でしてる人のブログなんかを
    見かけます。

    死ぬぞ!!と思いながら(⌒_⌒)

    すきま風については・・・・
    最近は外壁下地に「構造用合板」等を使う工法が
    増えているので,それだけでもかなり違う様です。
    構造用合板で塞ぐだけで,言葉で言うと
    「中気密」程度の気密は取れるらしいです。
    (次世代省エネ基準の気密に近い値らしい)

    樹脂サッシ。
    >安っぽい感触がいまいちだけどね。

    そう,その安っぽさが今イチ好きになれません。f(^-^; ポリポリ
    ぼやっきー | URL | 2008.11.23 21:09
    いい感じて愚痴ってますね。
    疲れた脳細胞を、ぼやいて活性化させましょう。

    こんど遊びに寄って良いですか?
    なべ | URL | 2008.11.25 09:09
    このブログ自体が
    ただの愚痴ブログになって来てます( ̄▽ ̄;)

    いつでもおいで下さいませ~v-222
    ドロンジョ | URL | 2008.12.10 13:15
    僕チンぼやいてばかりで皆が虐めんっす。
    慰めてください。
    しかし、確認下りるの早くなりすぎじゃないですか?
    間違いだらけの僕には怖いんですよ。
    勉強し直ししたいんで、所員募集して下さい。
    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。