スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    メルパルク日光霧降

    先週前半は,前回の記事に書いた関ブロ大会の挨拶や打合わせの為に
    2日に1回のペースで片道1時間半かけて日光へ通ってました。(~_~;

    その中で,先週火曜日は,午前中日光で,挨拶廻り。
    夕方から宇都宮で運営関係の打合わせ。の予定だったので,

    一度戻ってまた出て行くのも面倒やし・・・・・・・

    と,言う事で,午後から少しだけ「メルパルク日光霧降」の
    見学に行って来ました。

    初めて通る「旧日光霧降有料道路」

    天気も良かったせいか,気持ちよ~くドライブ!!(*^o^*)

    はっきりした場所は解らなかったのですが
    まぁ,あれだけの施設。道を走っていれば解るだろう!!
    と,かる~く考えていたのですが・・・・・    
    途中,木々の隙間からそれらしき建物が見えて来たので
    「あれかなぁ?」と,思ってたら,入り口の看板には
    大江戸温泉物語」と,書いてある。。。

    へぇ,大江戸温泉物語ってこんな所まで進出してるんや。
    えらい儲かってるなぁ。。。

    とか考えながらその施設は違う!と思って更に道を昇って行く。

    ついには,リフト乗り場まで行ってしまった。( ̄▽ ̄;A

    さすがに,ここまで来たら
    「通り過ぎてる!!もしかして大江戸温泉物語が施設を買ったのか?」
    と,思い引き返して見たら・・・・・・

    その通り!大江戸温泉物語が施設を買い取って営業してました。
    色んな所の問題になった公共施設を安く買いたたいて商売している
    この会社,やり方上手いなぁ。と変に感心。(⌒_⌒)

    と,まぁそれは置いといて・・・・・

    旧有料道路から大きな橋を渡ると目の前にドォーン!!
    と現れた「旧メルパルク(メルモンテ)日光霧降」

    mer01.jpg

    前にも書きましたがロバート・ヴェンチューリの設計。
    なんか,雑誌なんかで見た時と印象が違う。

    外国人がイメージした日本の伝統的な建築デザインモチーフを
    あちらこちらに,装飾として取り入れられているんですが・・・・・・

    mer02.jpg


    特に,写真の「建物妻部分に取付けられた勾配瓦屋根の破風をイメージした装飾」
    が,ちゃっちぃ!!安っぽい!!
    しかも,何も考えずとりあえずイメージはこんなんだから付けちゃえ!!
    的な取付け方に見える。。。

    スポーツ棟と受付棟の間のアプローチ部分の垂木をイメージした
    装飾の連続!の部分は中々良いなぁ。と思っただけに

    この妻部分の装飾は未熟者の私には理解出来ませんでした。

    アプローチ部分
    mer03.jpg

    これなら,施設全体を切妻にした方がかっこ良かったんじゃないかな?
    と,未熟者が偉そうな事を言ってみますf(^-^; ポリポリ

    他にも提灯や電柱をモチーフにした装飾があちこちに。( ̄▽ ̄;A

    装飾一つ一つを見て行くと,なんだかどれもこれもちゃっちぃ。
    それが,全体で見ると(内部のレストランの吹抜とか)
    なんだか,縁日を思わせる様な賑やかな,華やかな感じがして
    不思議な空間になっていました。
    mer04.jpg
    mer05.jpg
    mer06.jpg


    フロント前には,ヴェンチューリの設計である事や,設計コンセプト等が
    紹介されていて「こうやって紹介してくれるのは良いなぁ」と思う反面,
    「これが,日本人のそんなに有名じゃ無い人の設計だったらこんな紹介
    しないんだろうなぁ」と,ちょっと悲観的になったりしてしまいました。

    でも,これが完成した当時,郵貯のお金を使って,こんな山中に
    スポーツ施設,スパまで造る必要あったのかな?
    しかも,この施設の為だけに大きな橋まで造って・・・・・・・

    無駄遣い!!と言われても仕方の無い施設なのかなぁ?と思ってしまいました。

    皆様の一押しが励みになります。(⌒_⌒)
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/34-69733c7f

    Comment

    某審査員G | URL | 2008.07.02 21:24
    関ブロの検索してたらヒットしましたので、拝見させていただきました。
    実は、ベンちゃんと基本設計から携わりましたので、この建築には思い入れがあります。
    あの、ハリボテや、グラフィカルなパネルは、ポストモダニズムの構築の証なのです。(多分本人にしか、理解不能でしょう。)
    入口の橋は神橋にインスパイアされているようです。
    後で宴席にでも、ゆっくり解説するよっ。
    では
    なべ@管理人 | URL | 2008.07.03 10:20
    >某審査員Gさん

    コメントありがとうございます。(⌒_⌒)

    >あの、ハリボテや、グラフィカルなパネルは、
    >ポストモダニズムの構築の証なのです。
    >(多分本人にしか、理解不能でしょう。)

    何かの本でそんな事読んだ事ありますが・・・
    思ってた以上にちゃっちかったです。f(^-^; ポリポリ

    >入口の橋は神橋にインスパイアされているようです。

    そうなんですか?
    初めて聞きました。

    機会ある時,じっくり解説して下さい。(⌒_⌒)
    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。