スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    近代日本の原点

    昨日は、業界団体地元支部の研修旅行で
    群馬の『旧富岡製糸場』と『栃木市街中散策』へ行って来ました。 (*´∀`*)

    とりあえず『富岡製糸場』
    s-P1000946.jpg

    一度、見に行きたい!!と思っていた所だったので
    到着まで楽しみで仕方ありませんでした、 (*´∀`*)ワクワク

    バスに揺られて約2時間半。
    到着して、先ず驚いたのが・・・・・・
    えらい、街のど真ん中にあった事。
    飲屋街の様な建物が建て込んでる細い裏道の先に
    その場所はありました。

    入口正面の倉庫は「耐震改修工事中」との事で
    全面的に足場とシートが掛かっていたため、その姿は拝めず。 (´・ω・`)=з
    (耐震改修と言っても「レンガの目地の詰め替え工事」らしく
     構造的な改修工事では無いらしいです。)

    その次に驚いたのが、全ての建物が『木造!』である事。
    しかも、現地で調達が難しい窓枠や蝶番等の『鉄』部品と『ガラス』以外は
    ほぼ全て地元や、その周辺で調達された材料が使われていた事。
    外壁材として大量に使われてる『レンガ』は、周辺の『瓦職人』さん達が
    指導を受けながら地元の土を使って焼き上げた物だそうです。
    各瓦職人さん達が、それぞれの場所の土を使っているので
    焼いた職人さんによって、レンガの色が微妙に違ってるとか。 (^_^)

    s-P1000963.jpg
    ※近くで見られる「東繭倉庫」は足場が掛かってたので、写真は「西繭倉庫」。

       
    ガイドさんの解説を聞きながらの見学で、建物そのものもさることながら
    この「製糸場」の沿革等、歴史的な所に新しい驚き&発見がありました。
    (と、言っても私の勉強不足なだけなんですが (^_^;A)

    当時の政府が「生糸」を日本の輸出産業の基軸に定め
    「品質向上と生産性の向上」を「国家プロジェクト」として
    進める事を決定してからわずか数年(3年位だったかな?)で
    当時としては世界最大のこの製糸場を完成させた、スピード感。

    製糸場の女工さんと言えば
    「あぁ、野麦峠」の小説に出て来る様に
    過酷な労働条件の中、安い賃金で奴隷の様な生活を強いられてる!
    と言う勝手なイメージしか無かったのですが σ(^_^;)
    ここで、働いていた女工さん達は、最新式の製糸技術を学んで
    地元へ持ち帰り、その技術を伝えて行く役割を担った
    『エリート集団』だったそうです。
    (賃金も当時としてはかなり良かったらしい。)

    s-P1000959.jpg

    3つ目の驚きは
    既に操業停止してから25年。上の写真でビニールがかぶせてある「繰糸機」は
    電源を入れると、今でも現役で使える様になっているらしいです。(ま、多少の整備は必要かも)
    しかも、この機械は今でも『世界最新式』との事。 (^_^)
    当時にそれだけ最新の技術が導入されている事と、こう言う方式の機械の
    開発そのものが終了しちゃってるって事なんでしょうが。。。。
    更に、ここの機械はなんとぉ!!今で言う『日産製!』

    s-P1000960.jpg
    機械には『プリンス』のロゴが!!!

    トヨタの前身は「豊田自動織機」と言う、紡績・製糸関係の機械を製造してた会社なのは
    知っていましたが、スズキやプリンス等もこう言う機械を造ってたのは初めて知りました。
    日本の近代化・高度成長を担って来たメインの産業の原点が紡績・製糸産業に・・・・・・
    さらにその産業の原点が、ここ、富岡製糸場に!!
    そう思うとこの場所は、ただただ「明治期の建物が残る文化遺産」と言うだけでなく
    『近代日本の原点』なのだなぁ、と。 (^_^)
    そんな場所がほぼ当時のまま”残ってるのは凄い事だなぁ、と。。。

    ここが、ほぼ当時のまま残ってる理由も、驚き&発見の一つです。
    この場所の最後の民間所有者『片倉工業株式会社』がこの場所での生産を終了した
    1987年から、富岡市に売却される2005年までの20年近くの間
    毎年『億単位』の費用を掛けて、大切に保存・管理されていたそうです。
    一民間企業が「何も利益を生み出さないもの」をわざわざ「お金を掛けて」まで
    維持・管理するなんて、普通には考えにくい事です。

    この場所は単なる「一企業の財産」なだけで無く「文化的価値のある『日本人共通の財産』だ」
    と言う思いで、維持・保存・管理をされいたその心意気(の様な物?)に敬服します。

    と、建物以外の部分に色んな思いが巡った見学でした。 (^_^)
    足場取れたらまた行きたいなぁ。

    そう言えば、写真載っけて大丈夫なのかな? σ(^_^;)
    マズい場合はご連絡頂ければと思います。m(_ _)m

    皆様の一押しが励みになります。(⌒_⌒)
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    まとめtyaiました【近代日本の原点】
    昨日は、業界団体地元支部の研修旅行で群馬の『旧富岡製糸場』と『栃木市街中散策』へ行って来ました。 (*´∀`*)とりあえず『富岡製糸場』一度、見に行きたい!!と思っていた所だったので到着まで楽しみで仕方ありませんでした、 (*´∀`*)ワクワクバスに揺られて約2時?...
    2012.05.02 11:07 | まとめwoネタ速neo
    まとめtyaiました【近代日本の原点】
    昨日は、業界団体地元支部の研修旅行で群馬の『旧富岡製糸場』と『栃木市街中散策』へ行って来ました。 (*´∀`*)とりあえず『富岡製糸場』一度、見に行きたい!!と思っていた所だったので到着まで楽しみで仕方ありませんでした、 (*´∀`*)ワクワクバスに揺られて約2時?...
    2012.05.02 11:07 | まとめwoネタ速neo
    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/142-535ab897

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。