スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    劇的○フォー○フター

    この前リフォームに付いて少し書いたのですが
    それに関連してふとこの番組の事が頭に浮かび
    この番組に対して常々感じていた事を書いてみようと
    思います。
    (あくまで,私個人が感じている事です。)

    この番組が始まった頃は,建築業界内でも
    「スクラップ&ビルドの時代はもう終わりだ。
     これからは,リフォーム・リノベーションを中心に
     考えて行く必要がある時代に突入した。」
    と言われ始め,専門誌だけでなく一般雑誌等でも
    設計者の顔写真入りで「リフォーム特集」等が組まれる様に
    なった時代でした。

    そんな時代背景の中始まったこの番組で私が一番注目した事が
    きちんと「設計者」をフューチャーしてた事。
    (「○○の匠」とか言うとりあげ方はどうなの?とは思いますがf(^-^; ポリポリ)

    それまでは,テレビや一般雑誌等で「建物」が紹介される事はあっても
    「その設計者の名前」まで紹介される事は殆どなかった様に思います。
    それは,(何度も書いていますが)一般の人達の「設計」に対する意識が
    薄かったからだと思います。

    それがこの番組では「設計者」の名前と顔が大々的に紹介される!!
    (何度も書きますが「○○の匠」てのはちょっと・・・)
    これは画期的で同じ設計の仕事をしている者として大歓迎で
    楽しみに見てました。

    でも,見ているうちにだんだんと「ん?なんか違うぞ?」と思う所が
    目立つ様に・・・・・・・・・    
    その1
    「匠」と称された設計者が自ら加工道具をもって
    先頭に立って施工している事。

    見ていてテレビの「演出(やらせ)」感ありありです。(⌒_⌒)
    設計者は「施工」や「加工」のプロではありません。
    お手伝い程度に施工をする事はあっても,自ら先頭に立って
    施工したりする事は普通無いでしょう!
    (中にはそう言う方もおられるかも知れませんが・・・)

    その2
    法律に触れると思われる様なリフォームが多々見られるにも関わらず
    その事に対する説明が一切なされて無い事。

    一番印象に残っているのが,屋根の形状を「切妻」から「片流れ」に
    変更して建物全体の高さを高くして,ロフトスペースを造り出し,
    その部分を「子供部屋」として紹介されていた事です。

    屋根を全面的に造り直して,おまけに建物の高さが変わってしまうのは
    法律上「大規模修繕」に当るのでは?
    その場合「確認申請」が必要になるけどちゃんと手続きしたのかな?
    この辺の説明は一切ありませんでした。

    さらにはロフトスペース。
    これは勘違いされている方も多いのではないかと思いますが,
    解りやすく言うと,ロフトは法律上「収納」程度としてしか使う事が出来ません。
    ロフト部分を「寝室スペース」や「子供部屋」として使う場合,
    法律では「居室」と見なされ「階」に参入されてしまいます。

    つまり,2階建て住宅の2階の部屋の上にロフトを設けた時,
    その部分を「小屋裏収納」として使う場合は建物は2階建て,のままですが
    「子供部屋」等の「居室」として使う場合はその建物は「3階建て」となり,
    仕上げ材や構造の基準が厳しくなります。

    この放送回の建物の場合,堂々と「ロフトスペースに子供部屋が・・・」と
    説明していました。
    そのまま受取ると,2階建てから3階建てへ変更した事になります。
    しかし,私の見ていた限り仕上げや構造を3階建ての基準に対応させている様には
    見えませんでした。
    これについても,一切の説明はありませんでした。

    こう言う事って,一般の人に誤解を与えるのでは??

    最後に
    施工費用がリフォーム内容と比べて異様に安過ぎる!と感じる事。

    これはまぁ想像してた通りですが,施工業者に対して「宣伝・広告」になるから
    と,格安の金額を番組の方から強いられる様です。
    (酷い時には実際の工事費の半額程度まで)

    確かに,番組で名前の出た「設計者」や「施工業者」には放送直後には問い合わせが
    殺到するそうですが・・・

    その殆どが「テレビで見たあの金額で出来るんですよね?」という様な内容ばかりで
    実情を説明すると,みなさん電話を切られて仕事に繋がる事が殆ど無いばかりか
    その電話の対応に追われて,他の仕事にまで影響が出てしまう。
    という話を,実際出演された設計者の方から聞いた事があります。
    (その方はもう2度と出ない!とおっしゃってました。)


    この他にも
    「ここまでやる位なら建て替えた方が施主さんにとっては良かったんじゃ?」
    と思う様な「過激な演出」の放送回が目立つ様になり,だんだんと番組を
    見なくなりました。

    こういうのは「バラエティ番組だから」と言ってしまえばそれまでですが,
    リフォームを考えていてその参考の為に!と番組を真剣に見ている人達も
    数多くおられるのではないか?と思います。

    そう言った人達に「まちがった情報」を与えてしまわない為にも
    こう言う番組は「視聴率稼ぎの過激な演出」は控えて
    正確な情報(特に法律や施工費等)を提供するべきなのでは??
    と思います。

    ブログランキングに参加しています。
    よろしければポチッとひと押しお願いいたします。m(_ _)m
      ↓


    にほんブログ村 デザインブログへ


    スポンサーサイト

    Trackback

    Trackback URL
    http://stylewedge.blog102.fc2.com/tb.php/13-b4b795aa

    Comment

    Comment Form
    公開設定

    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。