スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    いわき市大熊町仮設住宅へ行って来ました。

    昨日一気にブログアップしたのは
    この記事書く為です r(^^;)


    先月の調査に続いて6/24の日曜日に、今度は実際の棚の取付けに
    いわき市好間工業団地内にある大熊町の仮設住宅へ行って来ました。

    詳しい活動内容は
    空間設計室中村さんのブログ
    Ban建築設計高田さんのブログ
    studioLOOPメンバーのブログ
    におまかせします。 (^_^)

    個人的に、去年の震災以降すっと「何か出来ないか?」「何が出来るか?」
    を、考えていました。
    勝手に避難所での間仕切を考えて見たり、
    これまた勝手に『仮設住宅のシステム』を考えたり。
    でも、それらのアイデアをどこに持って行けば良いのか解らないし
    実際に実現させようと思うと、ぶっちゃけ費用もかかる。
    そんな費用を個人的に負担出来る程の余裕も無く、
    個人じゃ無理だから、と数人に声をかけてみたものの
    反応は「何言ってるの?こっちだってそんな余裕なんて無い!」
    って感じで。(ま、声の掛け方が悪かったんだけど。 ポリ…σ(-''-;))

    そんなこんなで悶々としてる中、
    少しでも・・・と言う思いで、依頼があれば市町村の被災調査や民間の鑑定調査等に
    積極的に行っていましたが・・・・・・
    それらは「業務」として依頼を受けてるので
    常に「これだけで良いのか?」と言う思いを持ち続けてました。

    そんな中、以前から知り合いだった中村さん達の活動を知り
    『自分に出来る事あれば、是非協力したい!』と思いながらも
    中々仕事の都合等が付かず、私自身は今回初めての参加でした。

    今回は仮設住宅について思った事を。(ほんのちょっぴり)

    去年の「福島県青年建築士の集い」へ行った時に聞いた話の
    『木造仮設住宅』について。
    今回行った大熊町の仮設住宅団地の中でも
    色んなバリエーションの仮設住宅が建っていました。
    団地は第1から第3まで、幾つかに分散して造られていますが・・・・
    一つの団地の中にも、違うバリエーションのモノが建てられていたりします。
    順番に建てて行ったら、基本のモノが足りなくなったので
    違うバリエーションのモノを。。。。。。
    と言う感じなんでしょうが・・・・・・・
    一般的な仮設住宅(プレ協のもの)と地元で造ってる木造仮設とでは
    明らかにグレードが違う!
    それはもう外からパッと見ただけで解ります。
    大雑把に言うと後から造った仮設ほど『住宅として』のグレードが高いです。
    それらが、一つの団地の中に混在してる所もあります。
    それによって、一つの団地内で住宅環境に格差が生じています。
    グレードの低いモノを建てておけば良い!とは思わないけど・・・・・
    せめて、一つの団地には同じグレードのモノを!って言う配慮はあっても良いんじゃ無いかなぁ。と。。
    (と、この辺の話はLOOPの大橋君がブログに書いてたね。 (^_^;A)

    後は、配置や外構についても、もの凄く気になりました。
    その辺については色々提言されてる建築家の方や大学の先生等がいらっしゃいますが
    実際に行ってみると、想像してた以上に殺伐としてるなぁ、と。
    色々問題あるのは解りますが、ほんのちょっぴりずらして配置するとか、
    舗装をカラー舗装にしてみるとか
    植栽スペースを設けておいて、入居者達で花を植えたり管理したりするとか・・・

    今回行った『棚付け』もそうですが
    建てた後の事に、ほんのちょっとで良いから配慮する。
    だけで、仮設団地での生活環境は大きく変わると思います。

    国や自治体でその部分に係れないのなら
    建築士会等の団体で、その部分に係って行ける方法、システム等が
    作れないもんかな?と。。。。

    大きな災害があった時に業界団体等で大きくクローズアップされるのは
    『応急危険度判定』
    『仮設住宅を建てる』
    等々、どれもこれも『建築物そのもの』のハード面に関する事ばかりです。

    本来、建築って『建物を建てる』事が目的では無く
    そこを使う『人の生活を造る』事だと思ってます。

    その視点を中心に考えて行けば、建築の専門家としてまだまだ
    色々とやれる事が考えられるんじゃないかな?と。。。。。。

    そんな事を考えて、また、悶々としております。 σ(^_^;)

    最後にちょっぴり写真を(撮影は岳設計工房の関口君

    1340587433104.jpg

    押入の枕棚を取付中。
    (作業しているのは大工の飯塚君、さすが本職!あっと言う間に取り付けちゃいます)

    1340587481942.jpg

    扉の上に取付けた棚。

    1340587452717.jpg

    こっちは玄関スペースに付けた棚。

    こんな程度のほんのちょっとした棚をつけるだけでも荷物が片付き
    生活環境が大きく変わります。 (^_^)

    134062791132613121105.jpg

    今回の棚付け活動のメンバー
    (大橋君、写真拝借させて頂きました。)



       
    スポンサーサイト

    関ブロ新潟大会3

    関ブロ新潟大会2
    エキスカーションの続きです。 (*´∀`*)

    個々の作品の詳しい説明は大地の芸術祭HP

    『オーストラリアハウス』
    オーストラリアハウス

    こちらは、今回のトリエンナーレに合わせて新築されている
    アトリエ兼宿泊施設。まだ工事中。。。
    初めは「何故にオーストラリアハウス?」
    と、気になってたのですが。。。。。

    元はトリエンナーレに参加するオーストラリア人芸術家の為の
    古民家を改修したアトリエ兼宿泊施設があったらしいのですが
    それが、去年の震災翌日の長野県北部地震により倒壊。
    で、新たに新築する事になったそうです。
    設計は全く無名だった若手オーストラリア人。
    新築するにあたり、オーストラリア内でコンペを行い
    安藤忠雄さん、トム・ヘネガンさん2人の審査員共に
    ダントツの一位!で、選ばれたそうです。
    ただ、実施設計の段階で「積雪量」が問題になり
    (この建物が建つ辺りは毎日雪かきしないと当たり前の様に4m以上の積雪量になるらしい)
    屋根勾配をゆるくして軒先が高くなっている様です。
    模型で見たシャープさ、が無くなってたのがちょっと残念。 ポリ…σ(-''-;)

    『脱皮する家』
    脱皮する家1

    これも、色々メディアで取り上げられていたので
    説明は不要かな? (*´∀`*)
    兎に角、1軒丸ごと彫刻してあるその圧倒的な迫力に
    何も言葉が見つかりません。
    ひと彫りひと彫りの跡から学生さん達の「執念」みたいなものがにじみ出てる様な・・・・

    脱皮する家2

    メディア等で見ただけでは解らなかったのですが
    上の写真の一点に集約する様に全てが彫り進められています。
    初めは「この場所から彫り進めて行ったのかな?」と思っていましたが
    廻りから(天井野地板から)進めて行って、この点は最後だったそうです。
    言葉は悪いですが・・・「ホンマ、良くやるよなぁ」と。 σ(^_^;)
    もう一つ発見が。
    床の彫り跡が気持ちよい事。 (^_^)
    完成してそれなりに時間が経っているので、彫り跡の角が
    上手い具合に削られて丸くなり、足の裏がホントに気持ちよかった。 (*´∀`*)

    『コロッケハウス』
    コロッケハウス

    脱皮する家の隣にある同じ日芸の学生達の作品。
    こっちは、表面をカバーする!と言うコンセプトの作品。(だと思う)
    (古民家丸ごと鉄粉を吹付けた作品)
    同じ古民家を題材に「はがす」「覆う」の正反対のコンセプトを表現したんだろうけど・・・・・・
    吹付けた鉄粉が細かすぎたんぢゃないかな?
    吹付ける機械の問題とか色々あったのかも知れないけど
    「コロッケハウス」と言うタイトルからも
    もっと荒い鉄粉(とでも言えば良いのか・・・)でカバーされてる方が
    良かったんじゃ無いかなぁ。と。。。

    芸術を解って無い人間が好き勝手な事言ってますが σ(^_^;)

    と、ここまでほぼ丸一日かけて廻って来ました。
    バスの中では、この「大地の芸術祭」仕掛人の方からの
    裏話ガイドや芸術祭のスタッフの人からの解説も聞けて
    とても満足したエキスカーションになりました。

    改めて新潟大会のスタッフの皆様、ありがとうございました~~ ヽ(*´∀`)/


    最後におまけで連れて行ってもらった場所。
    棚田

    天地人のオープニング映像に使われた(らしい)
    棚田の景色!!!
    写真じゃ伝わりにくいけど・・・・・・・・・・

    最高の景色でした。 この景色が見られただけでも大満足 (*´∀`*)


       

    関ブロ新潟大会2

    関ブロ新潟大会その2です。

    大会2日目は、エキスカーション。
    コースが3つあって、どれも魅力的だったのですが・・・・
    私は「大地の芸術祭」コースに参加して来ました。 ヽ(*´∀`)/

    一つ一つの詳しい説明は「大地の芸術祭」のHPで確認して下さい。 (^_^)

    『うつすいえ』
    うつすいえ

    非常に幻想的で、独特の浮遊感があり
    いつまでもここで ボ~~( ̄。 ̄)~~ッとしてたい、という衝動にかられた
    作品でした。
    ただ、このコースの参加者が100名近かった事もあり
    あの人数が一度にここを訪れるには、ちょっと厳しく
    じっくり ボ~~( ̄。 ̄)~~ッと出来なかったのは、少し残念。 σ(^_^;)

    『ポチョムキン』
    ポチョムキン

    名前の通り全体が「船」の様な形の
    コールテン鋼で区切られた川沿いの公園施設。
    船がコンセプトだったのかは不明。。。
    ここも、東屋に座って、川のせせらぎの音をずっと聞いてたい。
    と、思わされた施設でした。(廻りの風景を上手く読み取ってる?)

    『キョロロ』
    キョロロ1

    これは、建築関係者には説明不要ですね。 (*´∀`*)
    と、写真へたくそで真っ黒に写ってる。 ポリ…σ(-''-;)
    調子にのってタワーの上まで昇ってえらい目に。(ま、普段の運動不足が露呈されただけですが)

    キョロロ2

    「降り積もった雪の断面を見る」為に開けられた開口部。
    手前側に「体験施設」が造られているので、手塚夫妻の当初の思惑が
    生かされる様になっているのか、がちょっと気になりました。
    てか、数メートルも積もった雪の中、この場所までたどり着けるのか?
       

    + Read More

    関ブロ新潟大会1

    もう先々週になりますが σ(^_^;)
    年に一度の「関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会大会」
    に、今年も参加して来ました。 (^_^)

    今年は新潟県越後湯沢での開催。
    s-DSC_0103.jpg

    しかも今年は「越後妻有トリエンナーレ」の開催年と言う事で
    このアートイヴェントに絡めた企画の分科会等もあり、
    ディレクターの北川フラム氏や、関係者の話しが聞けると言う
    個人的には非常に楽しみな大会だったんですが・・・・・・・・

    急遽一つの分科会の「司会進行」をやらされるハメになってしまって・・・
    北川さん達の話しが聞けなかった。 (T_T)

    ま、司会進行をやらせて頂いた分科会も重要な内容で
    勉強になったし、良い経験をさせて頂いたのですが。
    2012.6.15

    その分科会のテーマが
    「災害時に建築士として何が出来るか~その為に、平時にどんな準備をしておく必要があるか~」
    と、ちょっと固く真面目な内容でした。
    二度の大きな地震の被害を受けた新潟で、実際に活動されたパネリストの方々
    の話しを聞いて、とても参考になりました。
    大雑把に言うと『平時から色んな人達との繋がりが重要!』と言う
    ごくごく当たり前の事かも知れないけど、現実にはそれが中々上手くいってません。
    それを改めて再認識させてもらいました。

    『お前は司会のくせにしゃべり過ぎだ!』
    と、色々な方からおしかりを受けた事はすみませんでした。 m(_ _)m
    て事でおゆるしを r(^^;)


    DSC_0106.jpg

    彼が、この大会の実行委員長を勤めた
    新潟県建築士会のNさん。
    見た目通り、この若さでこんな大きな大会を仕切ったその手腕はスバラシイ! (*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ
    (と、言う事にしておきましょう。ね、副実行委員長Sさん。 (`ш´) イヒヒ)

    と、冗談は置いておいて
    本当にスバラシイ、行って良かった!と思える大会でした。
    Nさんはじめ大会に係られた新潟県のスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


    最後に・・・・・・・・・・
    北川さん達の話し、聞きたかったよう (T_T)

       

    地盤調査

    今日は朝から新しい住宅の現場の地番調査の立会に。 (^_^)

    s-P1010052.jpg


    今回はボーリング調査とハンドオーガー調査。

    一般的な木造の住宅だとボーリング調査をする事は殆ど無いのですが
    この現場はRC造なので、ボーリングで(予定では)20mまで掘り下げます。

    s-P1010051.jpg

    調査が始まると色々見えて来ます。 ポリ…σ(-''-;)

    廻りの景色を見る限りでは、元々山だった所を削って開発された場所なのかなぁ?
    と、思ってたのですが・・・・・・・

    掘り始めの状況を見てると、どうもちょっと違ってる様な。。。 (-ω-; ムム…
    キッチリ調査してもらって、それに見合った基礎を考えてもらわないと・・・・・

    それにしても、今は地名からその土地の素性を判断するのは難しい。

    昔はその土地の素性にちなんだ地名が付いてる事が多かったんですけどねぇ。
    (水に関連する字が使われてるとか)

    先日TVでもやってましたが
    新しく開発された所は素性とは無関係に全く新しい地名が付けられる事が多い様です。
    本当にそんな地名の付け方で良いのか?
    と、改めて考えさせられました。
       
    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。