スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    日光方面建築見学1

    昨日は,私が所属する(社)栃木県建築士会の地元支部の
    研修旅行で日光方面へ建築見学に行って来ました。

    先ず向かったのが,群馬県みどり市にある新富弘美術館

    星野富弘さんの作品だけを展示する
    建築業界では話題になった「設計コンペ」で選ばれた
    ヨコミゾマコトさん設計の小さな美術館です。

    tomihiro01.jpg

    3年前の完成直後にも一度見に行ったのですが,
    私はこの建物良いなぁと思います。(⌒_⌒)

    先ずは写真の外観。
    建物全体のプロポーションの良さ(と思っています)と
    廻りの景色とのバランスがなんか良いなぁと。(*^o^*)

    でも,何と言ってもこの建物の一番の売りはその平面計画。
    大小いくつもの円形を組み合わせた斬新な計画です。
    (内部は撮影禁止なので写真が撮れないのが残念。)

    この円形を組み合わせた展示空間は賛否両論あるようですが
    自然と鑑賞順路をトレースでき,新しい「展示空間の提案」として
    素晴らしいなぁ,と私は思っています。
    全ての展示空間にこの方法が応用出来るかどうかは難しいとは思いますが。

    合わせて,「星野富弘さん」の絵と詩の作品も素晴らしいですよ。(*^o^*)
    こころが洗われるような気持ちになれます。    

    + Read More

    スポンサーサイト

    間取り図作成の落とし穴3

    今回は「間取り図作成」の際の(私が考える)もう一つの問題点
    「発想の違い(?)」について書こうと思います。

    一般の人が「間取り」を考える時,多くの人は先ず「中心になる部屋」の
    位置や大きさを決める事から始めるのではないでしょうか?

    「まずは,南側の日当たりの良い場所はリビングにして
     ソファとか置くから○帖位の大きさがいるかな?
     ダイニングはリビングと繋がってるのが良いからこの位置にして
     テーブル置くから○帖は必要だな。
     キッチンはオープンな感じが良いから,そうすると
     こっちの位置が良いかな・・・」

    と言う様に,一つの部屋を中心にパズルのピースを
    一つ一つ「付け足して行く」方法で考えている人が多いのではないかと思います。

    そうやって一つ一つ付け足していって1階が出来上がると
    次に2階は2階で同じ様に一つ一つ必要な部屋を付け足して行く。
    そうやって出来上がった1,2階を重ねて見て,階段が上手く付く位置に
    2階をずらしていき,最後に屋根を考える。
    という感じではないでしょうか?    

    + Read More

    小さなクリニックの現場

    昨日は友人の設計事務所イオコンダクトさんが
    設計・工事監理されている小さなクリニックの現場見学へ
    行って来ました。

    このクリニック、去年の夏私も設計のお手伝いをさせて頂いたので
    「どんな感じになったのかなぁ。」と気になっていた物です。

    全て木造で計画されているのですが、
    屋根はうねり、さらには、その屋根を緑化して、最大3間(5460m/m)の無柱空間。
    という、木造としてはかなり挑戦的な計画になっています。(⌒_⌒)

    STC02.jpg
       

    + Read More

    間取り図作成の落とし穴2

    今回は、前回書いた「間取り図の作成」の問題点の内
    一つ目の「法律的な問題」について書いてみたいと思います。

    私が設計依頼を受けた場合、
    大雑把に言うと先ず「プラン」を考える事から始めます。
    これは、一般の方達が「間取り図を作成」するのと似ています。

    つまり、「間取り図を作成」する行為は立派な「設計行為」にあたります。

    一方で建築士法第3条には
    「建築士でなければ出来ない設計又は工事監理」という条文があります。    

    + Read More

    間取り図作成の落とし穴1

    日本の木造建築の尺貫法に基づく厳密なモデュールによる構成は
    世界でも類を見ない程に高度に洗練されたシステムだと思います。

    この優れたシステムのおかげで、詳細な設計図を作成しなくても
    「間取り図」さえあれば、家1軒建てる事が出来ます。

    さらには、この「間取り図」の作成には特別な知識等必要無く
    日本人であれば当たり前の様に身に付いている「○帖の部屋」
    という感覚さえあれば、一般の人達でも簡単に作る事が可能です。    

    + Read More

    屋外コンサートの出来る家

    一家そろって音楽を趣味にされている方の
    住宅です。

    yag001.jpg

    予算の都合上「防音室」には出来ませんでしたが
    玄関廻りを使って「屋外コンサート」が出きる様な
    デザインにしました。

    yag004.jpg

    実際に小さなコンサートも行われました。

    yagi18.jpg
    yagi19.jpg

    内部は出来るだけ家族みんなの
    存在が「感じられる様に」なっています。

    yag009.jpg
    yag015.jpg
       

    ガレージハウス

    とりあえず設計事例をいくつかアップしてみます。

    車好きの方から依頼を受けた
    「車が主役」のショールームの様な住宅です。

    kam006.jpg

    kam008.jpg

    kam012.jpg

    kam015.jpg


    居間でくつろぎながら車が眺められる様に
    プランを考えました。    

    ブログ開設しました

    設計事務所style w-edgeのブログへようこそ。

    那須を拠点に活動している小さな設計事務所です。
    住宅を中心に用途に係らず「感動出来る空間」「心地の良い空間」づくりを
    目指して、奮闘しております。

    建築について日々感じる事や、現場の進行状況等つれづれに書いて行こうと思います。(⌒_⌒)    

    PROFILE

    kao

    代表者:渡邉 清 (わたなべ きよし)

    略 歴
    1967年  京都府福知山市生まれ
    1990年  千葉大学工学部建築学科卒業
    1990年  (株) 土岐新建築総合計画事務所
    1996年  (株) アルクデザインパートナーズ一級建築士事務所
    2000年  某建設会社設計部立ち上げ及びISO取得事業に参加
    2005年  style w-edge(スタイルウェッジ)一級建築士事務所設立

    資格・免許
    ・一級建築士
    ・専攻建築士(設計)
    ・栃木県震災建物応急危険度判定士
    ・栃木県木造耐震診断士

    主な受賞
    2002年 奈良県川上村さぷり 住宅設計競技          佳作
    2003年 積水ハイム(株) 「人と環境に優しい家」設計競技  最優秀
    2005年 (社)建築士会関東甲信越ブロック会青年建築士協議会
        山梨大会 「温森(ぬくもり)の家」住宅設計コンペ  栃木県代表
    2007年 (社)建築士会関東甲信越ブロック会青年建築士協議会
        神奈川大会 「良質なストックとしての住宅」設計競技 入選


    設計に対する考え方
    建て主さんに喜んでもらえる為には,まず自分自身が
    その空間に感動出来る事が必要だと思っています。
    設計者自身が「そこを使いたい」「ここに住みたい」と
    思える様な空間でなければ,建て主さんに喜んでもらえる
    はずがありません。

    「先ずは自分自身が感動出来る事。」
    このスタンスをベースに,一つ一つの出会いを大切に
    建て主さんの笑顔に繋がる空間造り。を心がけています。

       
    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    01 | 2008/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。