スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
       

    8人の建築家展大盛況の内に終了。 (^_^)

    先日から告知していた『8人の建築家展』 が4日間で延べ約600人!!
    と言う大勢の方々におこし頂き、大盛況の内に無事終了しました。 ヽ(*´∀`)/

    お越し頂いた皆様には感謝致します。ありがとうございました。

       

    + Read More

    スポンサーサイト

    新聞に掲載されました。 ヽ(*´∀`)/

    先日書いた展覧会の内容が地元新聞の取材を受け
    先週末に紙面に掲載して頂きました。 ヽ(*´∀`)/

    778642_413423718740353_1329839548_o.jpg

    s-778777_402811746476928_502770690_o.jpg

    いよいよ今週末からです。
    お時間ございましたら、是非お越し下さいませ〜。 (*´▽`*)ノ))

       

    あけましておめでとうございます

    少々遅くなりましたが
    皆様あけましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い致します。

    昨年は、所属している業界団体の県青年委員長
    (青年って呼び方は微妙な年齢ですが σ(^_^;) )
    等と言う大役をおおせつかったり、何かと気ぜわしい1年でしたが・・・・
    まぁ何とか乗り切る事が出来ました。

    今年も細く長く乗り切って行ければと思っております。

    と、早速ですが
    2月1日〜4日まで宇都宮の総合文化センターにて開催される
    『8人の建築家展〜住まいから街へ〜』と言う展覧会に参加させて頂く事になりました。

    去年の春頃から月1回、県内の『若手建築家』を中心に開かれている
    「月例会」と称した勉強会に参加しているのですが
    そこに参加しているメンバーの中から今回は8名が集まっての展覧会です。
    この先、月例会に参加しているメンバー全員参加の展覧会になって行くと
    面白いイヴェントになって行くんじゃないかなぁ、と。
    (決して今回が面白く無い!って事じゃないですよ。 (^_^;A )

    お時間ございましたら、是非お立寄り下さいませ。

    s-web8(確定)01のコピー
       

    某プライベートコンペへの参加

    先日、日々の業務の合間をぬって、あるプライベートな「実施設計コンペ」に
    参加しました。

    先月末に知り合いから
    「今度、こんなのあるらしいよ。興味あったらどう?」
    と、話があって内容をみてみると
    そんなに大規模でも無い、とある施設の実施設計コンペ。

    おもしろそうやし、やってみてもええなぁ、と。
    で、ええ機会やし、以前から
    「機会があれば共働で、何かやってみたいねー。」と話をしてた
    小山の設計事務所 スペースデザインスタジオの星野さん に
    「こんなんあるけど、一緒にどう?」と、声を掛け共働で参加する事に。 (^_^)

    応募期間は3週間弱。
    とりあえず、1週間でお互いに方向性を考え
    その方向性をすり合わせながら次の1週間でお互いに
    具体的なプランを考え、最後の週でまとめよう!とスケジュールをたてて
    進める事にしたのですが・・・・・

    お互い別々に考えていたコンセプト・デザインの方向性がほぼ一緒!
    と言う、良い意味で「気持ち悪い!」事に (*´∀`*)

    他の人と共働で進める場合、それぞれ全く別の方向性のものを持ち寄る事で
    新たな発見や刺激を受ける事が多いのですが
    今回の様に、方向性は似通っていても、その先に同じ様に
    新たな発見や刺激を受ける事がたくさんあります。

    「ここはもうちょっとこうしたら?」
    「それなら、こうしよう!」
    と、近い目線・同じボキャブラリーでの案のブラッシュアップは
    とても、楽しく、刺激的な時間でした。 ヽ(*´∀`)/

    で、まとめあげたものがこれ
        ↓
    s-DSC_0047.jpg

    選ばれて、実物が完成する事が出来れば
    面白い、楽しい施設になる!と自負していますが・・・・・・

    結果はどうなる事やら。。。。。

       

    2軒の住宅を見学

    先週末と今週初めに、たて続けに2軒の住宅を見学する機会がありました。
    ひとつは小山市に完成した小川晋一さん設計の住宅。
    もう一軒は、那須の別荘地に完成した群馬のアトリエNさん設計の別荘。

    この2軒、デザインの方向性としてある意味両極端だった事が
    とても、面白かった。 (^_^)

    先ずは小川さん設計の住宅。
    業界内では言わずと知れた日本のミニマリストのトップランカーの一人。
    実物を見るのは初めてだったのですが・・・・・
    その徹底振りには感服します。
    素材感や余分な『線』を徹底的に消し去る事で
    どこまでも『抽象的な空間』を造り出す手法。
    徹底的に抽象化する事で、空間は「オブジェ」と化し
    そこに差し込む太陽の光や流れる水そのものが、際立つようになっていました。
    s-P1010212.jpg

    一時期(10年程前だったっけな?)「住宅作家」と呼ばれた若手の建築家達が
    こぞってこの方向性を目指して「真っ白な空間」を発表し
    「一番何も考えなくて良いから簡単だ。単なるホワイトボックスだ」
    等と良く揶揄されてましたが・・・・・・
    雑誌等で見掛けたそれらの作品とは、明らかにクオリティが違う。
    やるなら、ここまで徹底しないとダメだ!と改めて実感させられました。
    て、そう言う物と小川さんの作品を比較する事自体失礼か? σ(^_^;) 

    2軒目はアトリエNの田中さん設計の別荘。
    こちらは共通の友達の建築家、空間設計室の中村さんから
    「友達が那須で設計してるので、施工者を紹介してやってくれないか?」
    と、話があったのが縁で知りあったアトリエNの田中さんから
    「完成したので、良かったら・・・」と声をかけて頂いて見学させてもらいました。 (^_^)

    小川さんの住宅とは正反対で
    木や左官といった素材感が上手く生かされた構成になっていました。
    外の景色を取込む開口部の開け方や傾斜地を利用した空間構成などはとても
    上手く考えられてるなぁ、と。 (^_^)
    s-P1010242.jpg


    偶然にも両極端なデザインの方向性の住宅を立て続けに見られたのですが
    個人的には両方共に好きなデザインです。
    まぁ、節操が無いっ!って言われればそれまでですが σ(^_^;)

    一時期、多くの人達と同様にミニマリズムの方向性を目指してた事もあったけど・・・・
    パッと見、何も無いので簡単そうに思えても、その「簡単そう」に見せる為の見えない所での
    工夫がとても難しく、考えなければならない事が山程あります。
    何よりお金が掛かる。

    方や素材感等を目一杯生かしたデザインって言うのも
    これがまた難しい。 ポリ…σ(-''-;)
    下手するとちぐはぐになって、ただただ「ウルサイ」だけの空間になってしまったりします。

    個人的には
    抽象的なものの中に自然素材等の素材感がポイントで出て来る事で
    よりその「素材感」が引き出される様な空間。
    的な物が造れたらなぁ、なんて思ったりしておりますが・・・・・・・・
    まだまだ勉強が足りません。 σ(^_^;)    
    プロフィール

    stylewedge

    Author:stylewedge
    那須を拠点に活動する設計事務所です

    style w-edge HPへ
    facebook
    Twitter

    nabearchi < > Reload

    最近の記事
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    カテゴリー
    お問い合わせはこちらから

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    このブログをリンクに追加する
    月別アーカイブ
    最近のトラックバック
    FC2カウンター
    FC2カウンター
    現在の閲覧者数:
    ブログ内検索
    RSSフィード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。